2013購入本【24】「編んで楽しい、毎日着たいニットのふだん着」

  • Day:2013.08.26 02:58
  • Cat:

やっと届きましたの~。

編んで楽しい、毎日着たいニットのふだん着

編んで楽しい、毎日着たいニットのふだん着
著者:michiyo
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

たくさんの方がレポしていらっしゃるのでいまさらですが、私の編みたいものリストということでおつきあいください(^^)

1

身ごろはアランツィード使用。

去年アランツィード指定のニットをピエロさんのcarinoで編みました。お気に入りの糸だったので2色ほど在庫があるからこれ編めますね♪

(今年はcarinoの再販がないのね[E:down])

5 6

左はモヘアで編んだショール。これは是非編んでみたいと思います。

表紙のベストは編んでみたいんですが自分に似合うかどうかの判断が難しいところ。

袖つけてジャケットにしたらいけそうかな。

2 3

かぎ針で編んだフェアアイル風の模様が素敵なんだけどこのままの形では似合わない。

何とか使えないかしら。

右のセーターは編みたい候補。

アシメントリーなデザインは大好物です!

9

トップダウンで編むカーディガン。

これ人気ですよね。もちろん私も編みたい候補。

指定糸はエクシードウールですが何でも代用できそう。

またまた編みたいものリストが増えました(゚▽゚*)

*   *   *

最近の疑問なんですが海外デザイナーの方はトップダウンのパターンをどうやって作っているのかしら。

michiyoさんの上のカーデはトップダウンですが日本の編み本なので当然編み図が書いてあります。

この編み図は編み物教室のテキストで勉強したのと同じやり方なので、michiyoさんもこうやって作っているんだとホッとしました。(←テキストがレトロだから製図方法もレトロってことはないよねってちょっと心配してたの(^^ゞ)

海外パターンもこういう製図をしてから文章のパターンを作っているの?

本とは関係ない話なんですが、何だか気になるので書いてみました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます<(_ _)>

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。