アンダリヤでクラッチ(1)

完成したアンダリヤのバッグの編地でクラッチを編んだらどう?という考えが頭から離れず編み始めてしまいました。

クラッチバッグ、好きなんです。
それも小ぶりでビーズがついたキラキラ系(ダンナいわくおもちゃのようなバッグ・・・)。
アンダリヤクラッチ2
小ぶりなせいで毎回荷物が入らなくって大変で、いつも使っている長財布を小ぶりな二つ折りにし、携帯、ハンカチ、リップを入れるだけでもう一杯。
それと左のクラッチは手編み。

↑こちらの本から編みました。
可愛くて気に入ってはいるのですが、荷物を入れて持ち歩くには柔らかすぎて頼りない感じ。
結局、旅行に行く時などに細々したものを入れています。
(春先に入院した時に持って行ったら看護婦さんに可愛い~と言ってもらいました。)

またまた同じような結果になるかもしれませんが、それでも編んでみたい!
アンダリヤクラッチ3
目数は適当な感じです。
中の荷物をパズルのように入れなくてもいいような余裕のある大きさにしました。
色はナチュラルカラーにしたかったのですが、アンダリヤの在庫消費が目的ですから家にあった黒にしました。
効果があるかどうかはわかりませんが編みはじめ(編み終わりも)3段にテクノロートを編みくるみました。

アンダリヤクラッチ4
単純な構造なので本体とフタが一体であとはマチをつけるか考え中です。

*   *   *

主婦と生活社から手編みのクラッチバッグの本が発売になっていました。
この表紙のバッグって以前女性誌で見たのと同じかな~。
とりあえず買い物かごに入れました。

ヨーロッパの手あみ 2015秋冬
毛糸だま2015年秋号
まだまだ暑いのにもうこんな季節。
予約が始まっていました。
Amazonなら表紙も見れますよ~。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。