2016購入本【5】「ヨーロッパの手あみ」

  • Day:2016.03.08 22:55
  • Cat:


さっと見たときはあまり気に入ったものはなかったのですが、じっくり見ると編みたいものがたくさんありました。
ヨーロッパの手あみっていつもそんな感じ。

ヨーロッパ春1
かぎ針で編んだフレンチスリーブ。
ボーダーだけどレーシーな模様だからカジュアルすぎなくていいですね。
先日、お教室でかぎ針のウエアは3号ぐらい細い針で編むのが1番きれいという話をしてきたのですがこれがまさにそれ。
3号より細い2号かぎ針です。

ヨーロッパ春2
レース模様で袖口が控えめなフリルになっています。
michiyoさんの新刊本に載っていたフリルのプルオーバーも素敵でしたが、このくらいのおとなしさもいい感じ。

ヨーロッパ春3
二の腕丸見えですが、最近猛暑が多いから真夏ぐらいこんなの着ようかしら。
模様のおかげかキチンとした感じがあります。

ヨーロッパ春5
新作糸のフリーを使ったボレロ。
サンプル帳で触ってきましたがとっても面白い糸なんですよ。
ネットに中綿が入っているんですが、ネットは化繊かとおもったら綿100%。
1度編んでみたいです。
パピー毛糸 ...

パピー毛糸 ...
価格:1,080円(税込、送料別)



ヨーロッパ春6
右側のダイヤ柄のプルオーバーが素敵です。
リネン100%のリノフレスコが指定糸だけど手持ちでたくさんリネン糸があるのでそれを使って編めそうです。

ヨーロッパ春8
ヨーロッパ春9
在庫のリーフィーを使い切ってしまいたいんです。
白い帽子と茶系のバッグがリーフィーです。

私はそろそろ毛糸シーズンは終わる予定です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます<(_ _)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。